鍼灸はどのくらいのペースで通えばいいの? ~症状別に解説~

こんにちは!吉祥寺メックス鍼灸院です。

今回は通院頻度についてお伝えさせて頂きたいと思います。

「どのくらいやれば良くなるの?」
「どうして通う必要があるの?」
「通う頻度はどうすればいいの?」


こういう疑問、ありますよね?

これらの疑問に今回は答えて行きたいと思います!

✔ この記事のポイント
  • 無理なく自分に合った頻度で継続するのが大事
  • 良くなるまでの回数には個人差がある
  • お悩みの症状によっても治療頻度は変わる
  • 仕事や生活習慣からくる症状(首・肩こり、腰痛など)は定期的に通うのがオススメ

1.何回やれば良くなるの?


我々鍼灸師はもちろん、1回の施術で可能な限り楽になっていただけるよう一所懸命に施術しております。

症状の状態や個人差があるため1回でそれなりに良くなるかたもいれば、継続することで効果を実感していただける方もいらっしゃいます。

鍼灸治療は継続することで体の調子の良さをより実感できます

そして、当たり前ですが 症状の種類によって良くなるまでの回数や通院頻度は違います。今回は3つの分類に分けて見ていきたいと思います。

① 仕事・生活から来る症状 
② 一時的な症状 
③ 難治性の症状 

様々な分け方や分類があるとは思いますが、今回は便宜上このような形で説明していきます。

2.仕事・生活からくる症状の場合


✔ 定期的に通院するのがオススメ
✔ 週1回、月1回など人による
✔ 辛くなりすぎる前に受けたほうがいい

仕事や生活習慣が原因で起こる、首・肩こりや腰痛、自律神経失調症などの場合は 鍼灸治療を継続して受けていただく体のメンテナンスというような通院のしかたになります。

2.1. どのくらい通えば良くなるの?

鍼灸は体の治ろうとする力を引き出す治療法 でもあり、年齢やその人の体によって効果がすぐに出る人もいれば、何回か治療を継続することで効果を実感していただけることもあります。

ですが、鍼灸治療はボディケアの中では 効果の持続や楽になる実感を得やすい治療法 です。

もちろん、1回でも 施術前後の効果は実感していただけます

何回か続けて鍼灸治療を受けることで体がより良い状態となっていきます。

2.2. なぜ通う必要があるの?

例えば、デスクワークなどからくる首・肩こりなどは、その症状が起こる根本的な原因はデスクワークです ので、デスクワークをやめない限りは首・肩こりが起きることを防ぐことは難しいです。

お仕事や生活習慣などが原因で起こる体の不調は、鍼灸治療をして症状が軽快したとしても、また 毎日のようにその症状がでる動作をするので必ず戻ってきてしまいます

人間のカラダは生きている以上老化していきます。

また、季節の変化や生活習慣、職場の人間関係の変化など様々なストレスで常に心身に負担がかかり続けています。何もせずにずっと良い状態で居続けるのは思いの外難しいことなのです。

2.3. 次回施術の目安は?

鍼灸を受けて体が楽になっても、普段の生活習慣や仕事などが原因の腰痛や首肩こりなどは少しずつ戻ってきてしまいます。身体が辛くなってきたと思ったら、できるだけすぐに施術を受けていただくと身体は楽になりやすいです

3.一時的な症状の場合


✔ 明確な治療のゴールがある
✔ 高頻度で治療するほうがいい症状が多い

ぎっくり腰・寝違え、スポーツ障害、五十肩などの 一時的な体の症状は明確なゴールがあります

ぎっくり腰や寝違えなどは1回~3回ほどの治療でよくなる ことがほとんどです。治療を受ける間隔はあまり開けず、症状が出てからすぐに3日連続で受けるというのが理想です。

また、五十肩は激しい痛みが出やすい時期と、肩周りが動かなくなる時期があります。痛みの激しい時期は週に2回ほど痛みが落ち着いてからは週に1回ほど のペースで通っていただくのが理想的です。痛みがなくなり、肩の可動域も戻れば鍼灸治療は終了となります。

このような一時的な症状などでもそれぞれ通院頻度は違いますので、施術者にご相談ください。

4.難治性の症状の場合


✔ 最初は週に2~3回が理想
✔ その後は週1回
✔ 治らない場合もある

たとえば、耳鳴りめまいなど、一般的にはなかなか治らないような症状。

このような場合、最初の数回は週に2~3回ほど、その後は週に1回が基本となります。

不妊治療などもこのカテゴリーに含まれると思います。

また、難治性の症状は当然ですが鍼灸治療をどれだけ続けても治らないことがあるのも現実 です。

何回か続けていても治療効果を実感できない場合は鍼灸治療を受けること自体がストレスとなってしまうこともあります。そのような場合は施術者と相談し、一度鍼灸治療をやめてみるのもアリだと思います。

5.東洋医学は予防の医学


東洋医学には「未病治」という言葉があります。

明らかな病気となってしまう前に予防をして体を健康な状態で保とう」という考え方です。

病気というほどではないけれど、体調が悪いというような状態も鍼灸でスッキリとすることが可能 です。

月に1度くらいのペースで 定期的に鍼灸を受けることで健康維持・増進 をはかることができます。

スポーツをしている方は パフォーマンス向上 のために受ける場合も多いです。

6.おわりに


いかがでしたでしょうか?
今回は症状別に理想的な通院頻度についてお伝えさせていただきました。

鍼治療は高頻度で通わなければ全く効果が出ないということはありません

痛みやコリなどには即効性がある鍼灸治療ですが、継続していくことで体の調子がよりよくなっていきます。

また、鍼灸治療は様々な症状に対応することができます。

ここで挙げられていなかった体の不調にも鍼灸の適応はあるので、お気軽にご相談ください。

なによりも、自分にあった通院頻度で無理なく鍼灸治療を受けることが大切です!

関連記事

PAGE TOP

24時間ネット予約